新卒向け会社説明会で人材の数・質を上げるには!?


会社説明会で母集団を形成する重要性

学生有利な状況が継続している新卒採用。採用担当者は、入社予定人数の確保、優秀な人材の獲得等に頭を悩ませがちではないでしょうか。一般的な新卒採用活動は、会社説明会やインターンシップ、筆記試験や適性検査等、面接、内定という流れが多数だといわれています。人材の質や数を確保するには、この中のどのパートが最重要なのでしょうか。実は会社説明会で母集団を形成することが最重要なのかもしれません。

採用フローは第一段階の会社説明会等から内定に向けて、選考対象者を絞っていく動きをします。そのためまず入り口である会社説明会で充分な人数や人材を囲い込めなければ、ゴールとされる内定で必要な人数や優秀な人材を確保することは不可能となります。会社説明会でしっかり母集団を形成することが、その年の採用活動を成功に導く第一歩となるのです。

会社説明会人材の数・質を上げる方法

まず必要人数を確保するには、会社説明会の開催をしっかり周知させましょう。自社の採用ホームページ、大学等の就職課、地域のハローワーク等に開催日程や開催場所等記載したチラシ等のツールを掲載させることが効果的でしょう。

次に優秀な人材を確保する方法です。このためには学生が就職相談をするアドバイザーをおさえる必要があります。定期的に大学の就職課や研究室、ハローワーク等を訪問し、関係構築をすることが重要でしょう。会社説明会開催の際にはお知らせを持参し、アドバイザー推薦の学生を紹介してもらうとよいでしょう。以上の方法を実践して会社説明会、はては採用活動を成功させましょう。

新卒採用コンサルティングは、優秀な人材の獲得に積極的な企業を中心に需要が高まっており、人材コンサルタントによる徹底したサポートが大きな魅力です。