ドライバーの仕事は安定するのか?仕事内容やメリット・デメリットなどを解説


「ドライバー」には様々な職業・仕事がある

「ドライバーの仕事」と一口に言っても様々な種類があり、タクシーでの送迎やトラックを使った配送など様々な仕事があります。運送を主とした仕事がほとんどで、どの仕事に就くにしても運転免許証は勿論のこと、通過するルートを覚える記憶力や、乗客または物品を運送する慎重さも求められます。また、仕事によっては専門的なスキルや資格を要求されることがあり、すべてのドライバー職が「誰でもなれる」訳ではありません。

ドライバーの求人を探すにはどうすれば良い?

地域にもよりますが、ドライバー職の求人を見つけること自体は簡単です。問題、会社によってドライバーへの待遇が大きく違うことであり、ドライバー業界は俗に言う「ブラック企業」の数が多いという難点があります。求人の募集要項だけでなく、口コミやレビューなどで社員の生声を確認しつつ、より良い業務環境の会社を探しましょう。

ドライバー職のメリットとデメリット

ドライバー職のメリットは給料が良いこともそうですが、「需要が大きく仕事が無くならない」「慢性的な人手不足で採用されやすい」という大きな利点があり、安定した職業の一つとして捉えられることも多い。反面、「人手が足りず長時間労働になりがち」「長いドライブは身体への負担が大きい」などのデメリットもあり、体力勝負が基本のハードな仕事になりやすいのが最大の欠点です。

ドライバーの「仕事」と「資格」はセットで考える

ドライバーに必要な資格は、その仕事内容や職場の地域性で違ってきます。例えば、観光タクシーであればガイドとしての知識が必須になり、海外からの観光客が多い地域なら外国語の資格が役に立ちます。また、大型バスの運転など中には専門の免許・資格が必須条件となる職業もあるので、就きたいドライバーの仕事と取得する資格はセットで考えると効率的です。

都道府県別に見た場合、大阪のドライバーの求人数は、近畿圏内では他の都道府県を大きく引き離して一番多いです。