基本的に運転だけしていれば稼げるドライバーのメリットとデメリット


日本の物流を支えるドライバーのメリット

スーパーなどにものが溢れているのは、トラックドライバーのドライバーが日々荷物を運んでくれているおかげです。ですので、ドライバーの仕事は日本の物流を支える大切な仕事、やりがいのある仕事と言えます。人々の生活を影で支えるような仕事をやってみたい人は、トラックドライバーの仕事に挑戦してみるのも悪くはないでしょう。また、トラックドライバーの仕事のメリットはやりがいがある他、基本的に運転しているだけでお給料がもらえる点にあります。運転が好きな方にとってみれば、好きなことを仕事にできるのですからこれ以上の天職は無いでしょう。更に、大型のトラックのドライバーは、長距離の運転をすることもあってお給料が良い求人が多いです。運転して沢山稼げるのはドライバーならではのメリットとなっています。

デメリットは高齢者は働きにくいこと

基本的に運転をすれば稼げてしまうのがドライバーですが、その運転に支障が出てきやすくなる高齢者になると働きにくくなってしまうのがデメリットです。年齢が高くなると、視力が悪くなってしまったり判断能力が落ちてきます。運転をする上で視力や判断能力や運動能力が衰えてしまうことは、事故の危険性が高くなります。ですので、今現在年齢が高い方や、運転に不安があるという方はドライバーの仕事は向いていなかったりします。また、大型トラックのドライバーは、荷物の積み下ろしといった作業が入ってくることもあり、体力的にも高齢者だと辛く感じることも多いです。トラックドライバーの運転手として沢山稼ぎたい方は、なるべく若いうちに運転免許を取得してドライバーになるのがオススメです。

埼玉のドライバーの求人は、昔ながらの地域の運送会社の他、大手スーパーのルート配送員やハイヤー、タクシー運転手なども募集が行われることがあります。