ドライバーとして働くには!必要な資格と求人の探し方


ドライバーに必要な資格とは

ドライバーとして仕事をするには、それぞれの仕事に適した運転免許が必要となります。タクシードライバーは、お客様を乗せるため、第二種免許が必要です。最近では、タクシーにもハイヤータイプやワゴンタイプなど様々な種類がありますが、乗車定員10人以下の車を運転できる普通第二種免許を取得すれば、基本的にいずれにも対応できるはずです。バスのドライバーは、運転するバスによって必要な免許が異なりますが、路線バスなど乗車定員が30人以上の場合は大型第二種免許が必要です。

それに対して、幼稚園やホテルの送迎など料金が発生しないバスのドライバーは、第二種免許が必要ありません。必要な車の乗車定員などに応じた第一種免許があれば運転することができます。トラックのドライバーも、運転する車の最大積載量と車両総重量、乗車定員といった条件に合った大型第一種免許・中型第一種免許・準中型第一種免許などの取得が必要です。どの免許も、普通免許を取得してからの経過年数などの必要条件があるため、事前に確認しましょう。

ドライバー求人の探し方

ドライバーの求人は比較的探しやすく、タクシー業界やバス業界で例年人手不足が続いていることを背景に、多くの求人サイトに募集が出ています。ただし、勤務形態や給与形態、福利厚生など、条件が会社によって違うため事前によく確認しましょう。特に、タクシードライバーは、業務を行う地域や配車の仕組みなどが給与に直結する場合もあるので、タクシードライバー専門の求人サイトで情報収集するのも良いかもしれません。また、バス会社やタクシー会社のなかには、必要な資格を取得するための費用負担をしてくれる会社もあるので、ぜひチェックしてみてください。

コロナ渦の中働いてくださるエッセンシャルワーカーの方々。トラックドライバーの方もそうですよね。福岡のドライバーの求人情報を検索すると高待遇で沢山ありますよ。